スポンサーサイト

2014.10.23 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    足立龍哉のバレーボール サーブ 種類と変化

    2014.10.23 Thursday

    0

      大会に出ても1回戦負けするのがほぼ確定しているありさまで、選手たちから「勝ちたい!」という思いが消えかけていたとしても、
      選手の立場に立った指導ができるようになり、ここぞという場面でミスをしなくなり、着実にポイントを重ねていけるようになる練習方法がこちら




      あなたも↓のような悩みのせいで、努力を否定されるような結果を今まで何度も味わってきたんじゃないでしょうか??

      ブロックがうまくできない

      ラリーゲームで点数が奪えない

      スパイクの当たりが弱い

      サーブが届かない


      バレーボールが上手くなるためには、ノウハウを学ぶだけではだめで、実際に体を動かして「体で理解する」ことが重要なのは言うまでもありません。理論をどれだけ頭で理解しても、それを実際に再現することができなければ、全く意味はないですし、日々の練習をコツコツ続けることがスキルアップには必要不可欠となります。

      レベルの高いチームになればなるほど、普段から試合を想定して真剣な雰囲気で猛練習に励んでいるわけですから、私たちだってできるだけ一生懸命に練習に打ち込み姿勢は必要とはなるものの、練習の質が低ければ必ずしも上達に結びわけでもありません。

      むしろ質の悪い練習や間違った練習をしてしまうことによって間違った体の動かし方・プレーの考え方が身についてしまいそれが上達を阻む要因となってしまいますので、練習量を確保するだけではなくて、一定以上の質の伴った練習メニューを採用していく必要があります。


      足立龍哉さんの進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDは、ナショナルチームでも行われている練習メニューがいくつも盛り込まれているバレーボールのトレーニングマニュアルで、バレー上達に欠かせない基本的な動作を文字通りゼロから見直していき、スキルアップに欠かせない土台をがっちりをくみ上げていくことができます。

      一般的なスキルアップの過程は「3歩進んで2歩下がる」ようなことを繰り返して徐々にレベルを高めていくわけですが、なぜ「2歩後退」するようなことが頻繁に起きるのかといえば、基本スキルの習得が不十分な状態で先へ先へと進もうとしてしまうからです。

      いわば穴だらけでボコボコの土台の上にさらに土台を積み重ねようとしたところで、バランスが安定せずにぐらつくのは当然の結果ですよね。足立龍哉さんの進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDではそこで、理論→方法→実践の流れを体系化し、バレーボール初心者でもスムーズに上達できるように工夫されています。



      難易度が低い練習から徐々に難易度を高めていきますので、バレーボール経験がほとんどない人だって、練習についていけず置いてけぼりを食らう心配が大きく軽減されています。それでいて、ナショナルチームレベルで実践している左右へのフットワークのポイントや、レフトやセンターの必要な動きなど、実戦で即使えるノウハウをテキパキと学べるようになっています。

      どの練習に関しても、これまでに様々なレベルのチームで教えてきた足立龍哉さんの経験と科学的検証から導き出されたバレーボール上達の秘訣が盛り込まれていますので、才能とかバレーボール経験などに左右されることなく、合理的な技術・戦術をグングン吸収していくことができますよ。

      →→現在のスキルとか経験値に関係なくレベルアップしていける足立龍哉さんの進化型バレーボールコーチング オリジナルDVDで、基本的な動作の指導ポイントとは?




      復縁 きっかけ|失恋からの成功の可能性はある?
      看護師 副業 ランキング|人気の病院じゃなくてみるべきポイントはここ!


      1